超お金持ち中国人の海外不動産購入事情
line

中国人が、日本や海外の不動産を購入すること自体は全く問題ありません。

厳しく管理されているのは、あくまでも「人民元と外貨の両替」ですので、中国人でも既に外貨として

保有している現金で海外の不動産を購入できるのです。


中国では1人当たり年間5万USドルまで人民元を外貨に換えることが認められているので、

何年間かかけて人民元を外貨に両替していれば、海外の不動産を購入するために必要な

外貨資金を持つことも十分可能です。実際、日本人よりもリスクに敏感な中国人は、

ある程度資産ができると人民元だけでなく、一部を外貨として保有しリスク分散をするのが普通です。

もう1つは、海外の国籍や海外の永住権を手に入れるためです。香港、シンガポール、オーストラリア等には、

一定の条件を満たすような不動産を購入した外国人に、帰化を認める制度があります。

中国人を含めた華僑の中では、一族の何人かは異なる国籍を持ち、万が一のときに別の国籍を持つ親類を頼るという

考え方があります。その意味で、不動産を購入することで、中国以外の国のパスポートが手に入るというのは、

中国人にとってとても魅力的な条件なのです。

残念ながら日本にはそういった制度がないため、中国人から見ると日本への不動産投資は、

相対的に魅力がないのが現状です。今のところ日本への不動産投資を考える中国人は、日本を訪れる機会が多かったり、

既に対日ビジネスを営んでいたりする人が中心かと思います。

今弊社が手掛けている物件で、賃貸して年間5~6%程度のリターンを得る投資物件です。

5~6%のリターンは中国国内でも銀行の定期預金等で簡単に得られるので、

投資というよりは保有資産をリスク分散しながら、安定したリターンを確保したい中国人向けです。


image5